結婚式のスピーチ

結婚式でのスピーチは人によっては、とても辛いものに感じるかもしれません。通常披露宴では、新郎がスピーチする場というのは2回あります。面倒と感じるかもしれませんが、準備をしっかりしておけば緊張もほどほどでこなせることですので、焦らず準備をしていきましょう。まず、はじめにスピーチする場面というのは、披露宴が始まるときです。昔の世代の人に聞くと最初は仲人が挨拶して、それから披露宴開始というのが多かったようですが、最近は仲人なしでの結婚が多いので、新郎が挨拶します。年配の方からは不満が出るかもしれませんが、こればかりはしょうがありません。最初のスピーチでのポイントというのは、まず忙しい中、式に来てくれたことに対する感謝の意を述べること、そして今日はどんな披露宴にしていきたいかを話します。もし可能であれば、新婦も一緒にスピーチできればより和んだ雰囲気を作りだせるでしょう。スピーチの例はネット上で検索すれば山ほど出ていますから、一度参考にして自分流にアレンジしてみるといいでしょう。

2回目のスピーチは、式終盤に行う「新郎謝辞」です。ここも難しく考えるのではなく、滞りなく式を進めることができたことへの感謝の気持ち、これから二人でどんな家庭を築いていきたいかを簡単に話せばよいでしょう。自分たちの言葉で考えたスピーチはうまくなくても、聞いている人たちには響くものです。ぜひ二人で時間を割いて二人が感動するスピーチを練り上げてみてはいかがでしょうか?そして、スピーチが完成したら練習です。練習すればするほど、気分が楽になります。慣れてきたら感情をこめたり、ポーズを入れる部分を工夫したりしながら整えていくといいと思います。また、腹から声が出ているかどうかも気にしてみるといいですね。これを機会に複式呼吸も身につけてはいかがでしょう。あと大切なのは姿勢です。練習するときは是非鏡を使ってやってみることをおすすめします。ピンと背筋がはり、前を見据えているだけで、聞いているほうは好感が持てるのではないでしょうか。