国際結婚

日本でも国際結婚が増えていますね。いろいろ調べてみると、日本人との結婚と違って国籍が異なる人との結婚にはいろいろ準備しなければならないものがあります。日本人なら婚姻届と戸籍謄本があれば、最寄の役所で結婚の手続きが完了します。国際結婚を決めたらまず役所と結婚する相手の国の公の機関、例えば領事館とか大使館に電話をするか、ホームページをチェックしてみるようにしましょう。無駄な労力を省く上でとても大事です。それから結婚にいたるまでに通るプロセスをしっかり確認しましょう。日本だけの提出では済まないので、相手の国ではどんな手続きが必要になってくるかも理解しておくといいでしょう。

ざっと必要なもをまとめるとこんな感じになりました。もちろん国により多少差はありますので参考程度にしておいて下さい。

■結婚前
・パスポート
・戸籍謄本3通(発行日から3ヶ月以内で、同日に発行したもののみの有効。)
・婚姻要件具備証明書(本籍地の市役所で戸籍謄本を発行してもらった後、法務局で取得の申請をします。
法務局で作られた婚姻要件具備証明書は、日本の外務省に郵送し、認証してもらう必要あり。
以前に離婚暦のある人は、『離婚届け受理証明書』、また、死別した人は『死亡届受理証明書』が必要となります。
・住民票2通(発行日から3ヶ月以内で、本籍と世帯全員の記載があり、同日発行したもののみ有効です。
・在職証明書か自営証明書1通(ただし、証明書の日付は西暦で記入されたものとします。)
・納税証明書・市民税納税証明書・源泉徴収表の中から1通。
・日本の婚姻届
・在留資格認定証明書


■婚姻届を提出する際に必要なもの
・婚姻届
・日本人である相手の戸籍謄本
・結婚証明書(外国でもらう婚約届のような書類で、その複写と翻訳されたもの。)
・外国人パートナーの結婚公証書とそれを翻訳したもの
・外国人パートナーの国籍公証書とそれを翻訳したもの
・外国人パートナーの出生公証書とそれを翻訳したもの

○入国管理国での申請書類
・在留資格認定証明書交付申請書
・身元保証書(夫が妻の保障をします。)
・質問書と理由書(結婚までのいきさつを記した書類です。)
・家族一覧表
・申請人の証明写真
・日本人である方の戸籍謄本
・日本人である方の世帯全員の住民票
・在職証明書か自営証明書
・課税、納税証明書
・結婚写真2~3枚とプライベートスナップ写真2~3枚
・外国人パートナーの出生公証書と国籍公証書とそれを翻訳したもの
・外国人パートナーの結婚証明書
・パスポート
・返信用封筒(430円切手を貼ったもの)

上記以外にも外国人登録やビザの申請に際し、必要となる書類がまだまだあります。このように国際結婚は、準備しなけらばならない書類が山のようにある、大変な作業です。しかし、事前に確認で手続きがスムーズになりますから最初は慎重に行いましょう。

国際結婚を中国人とする場合、何を注意しなければならないのか?まず中国政府が定める結婚できる年齢ですが、現在の法律では男性が22歳以上、女性が20歳以上となっています。日本はこれと比較すると結構若いといえますね。女性は16歳ですから。私の周囲で中国人と結婚した人は何人かいますが、全て女性が中国人です。中学留学中に出会った人もいますが、多くは日本に出稼ぎに来ている女性たちです。中国が経済的に発展しはじめてかなり経ちますが、まだまだ農村部の貧しさはかなりのもののようです。そして、社会福祉の整備が遅れており、年金制度のようなものも確立されていません。そのため、中国人男性との結婚を断念し、海外でパートナーを見つける中国人女性が増えているとのことです。

お金に困っている家族からお嫁に来る可能性が高いので、結婚後仕送りが必要かなど、しっかり確認してからの結婚をおすすめします。また、国籍取得を目的とした結婚詐欺も増えているので、甘い言葉にふりまわされないよう、注意が必要かもしれません。「恋は盲目」といいますから、「なんか、変だなー」と思いつつ最後はだまされていまったりするんですよね。中国人妻の特徴は、「とにかくはっきり物を言う」ことがあげられます。日本人にとってはきつく感じるかもしれませんが、逆にそれがやりやすいという人もいると思います。理解しやすいともいえるかもしれませんね。ただ、農村からとついで来た女性は比較的穏やかという情報もあります。概ね日本人と比較すると向上心旺盛で活気に満ちている感じがします。

お互いの国のためになるような結婚ができるといいですね。

お隣の国、韓国。その韓国から来た人との結婚はどんなものでしょうか?韓国人の先生に聞いたところ、韓国にも日本にあるような「戸籍制度」が存在し、結婚するときの条件などが日本と比較的似ています。なので、他の国の人と結婚するよりは手続き等でとまどうことは少ないと思います。戸籍精度は、制度がない国の人たちから言わせるととても不可解なものに写るようです。韓国人の家族に対する想いは日本人以上に強いような気がします。よくお葬式場面なので大泣きする家族の姿が映し出されたりしますが、それも一つの家族観の表れといえるでしょう。また家族同士が集まるイベントが多いのも、韓国の特徴です。

日本の制度との違いは、夫婦の別姓制度です。これは、家族のつながりを大切にするからこそ、先祖から受け継がれていきた名前を結婚で変えてしまうのはいけない。という想いがあるからのようです。日本人と結婚する場合は、話し合いで決めているそうですが私は別に同じ姓にならなくてもいいのではないかと思っています。聞いた話しですが母の愛情は特に息子に対して強く、韓国人男性を夫に持つと、頻繁に彼の母から電話があるのは当たり前のようです。でも日本のマザコンとは違ってべたべたした感じではないそうですよ。日本では最近、結婚式を簡略化するカップルが増えてきていますが、韓国ではちょっとありえないことだそうです。昔の日本のように結婚式をあげずに、周囲から認められることはない、ということです。結婚式の費用は両親が払うのが当たり前であり、人によっては借金してまでも式をあげるので結婚というのは韓国の人にとって、一大事なんですね。学生結婚が多いのも韓国の特徴です。両親が費用を出してくれるから、気軽に結婚してしまうのだそうです。自立という面から考えるいかがなものかなーと思いますが、育ってきた環境が違うのでメリットも多くあるのでしょう。

アメリカ人と日本人カップルも増えてきてますねー。多くの友人はアメリカに移住していますが、ほぼ9割は女性です。日本人男子は、アメリカ人はきつすぎるのか、あんまり人気がないですね。アメリカ人と結婚でまず、パートナーが困惑するのが、「戸籍制度」。アメリカには存在しない制度なので、日本での手続きのめんどくささいに嫌気がさす、アメリカ人も覆うようです。では、アメリカでは何が必要かというと。「結婚許可証」というライセンスになります。許可証を取得後、結婚式をあげて、地域の役所に届けを出すという手順みたいです。外国人に必要な証明書としては、パスポートや戸籍謄本、血液の調査所で、しばらく待たなければならない州もあります。そして、必要手続き完了後、アメリカ大使館の担当者と面接を受け、無事結婚が認められます。

結婚式は、日本と比較し断然質素です。日本で行われる教会での式に近いといえます。結婚の許可を得るのに、裁判所の裁判官や資格のある人のもと式を挙げることが大きな違いかもしれません。さすが契約社会のアメリカです。日本に住んでいて、アメリカで式をあげる場合、婚約者ビザを発行してもらい、アメリカに入国することができます。そのまま生活する場合は、永住権の申請を行うことで、アメリカでの生活がスタートするわけです。友人でアメリカ軍人と結婚した人は、軍から先に説明した婚姻要件具備証明書を発行してもらったそうです。多少手続きの手順が違うようなので、基地内の専門家にだんなさんに確認してもらうといいですね。それにしても国際結婚というのは、してからも大変だけど結婚する前も普通の倍は労力がいるんだなと調べてみて感じました。

フィリピン人と結婚する日本人は相変わらず多いですね。愛に国境はありませんが、フィリピン人と結婚する前に、フィリピンの国の事情や生活に関して理解しておくことは大切かと思います。まず、先入観を持ってはいけませんが、フィリピン人の女性と結婚、というと「金銭目的?」ということが頭に浮かんでしまいます。ニュースでも話題になっていますが、日本人の国籍を取得したら、子供を連れてフィリピンに帰国してしまう人も少なくはないようです。そして、フィリピンへ追いかけて行ったものの、言葉の壁にぶち当たり、なくなく一人で日本に帰ってくるはめになってしまうのです。フィリピンの学校に関して調べてみると、少しユニークなのが日本の義務教育にあたる部分は小学校の6年間と高校の4年間になります。就学率の細かい数値は分かりませんが、貧困層もまだまだ多いため、家計を支えるために学校には行かず、仕事をする子供も少なくありません。また、高校卒業といっても、日本の中学を卒業するレベルだといわれていますので、フィリピンで生活することを考えている方は教育プランについても考えておくことが大切ですね。

もちろん英語はできるようになるでしょうが、基礎学力を考えた場合にまだまだ不安な地域ですので、一部のエリートたちがしているように、家庭教師を雇ったりする必要があるかもしれません。フィリピンで生活するのにどれくらい必要かというと、1日だいたい300ルピー(およそ700円)です。平均的な収入は2万円~4万円といわれています。だからこそ、日本や海外での仕事に魅力を感じるわけですね。男性は、ドバイなど中東諸国へ多く行っていますし、女性は日本や海外でサービス産業に従事する人が多いようです。フィリピン人女性との結婚にはネガティブなイメージが強いですが、家族を大切にする面もありますので、素敵な家族を作っていくことも可能だと思います。伝えなけばいけないことは伝えていい関係を築いていけるといいですね。